↓スポンサーサイトもご覧ください↓m(_ _)m

2020年05月30日

2020年05月29日(金)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20200529nk.gif


「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)





〜コメント〜
2020/05/19
三連騰+299円高

決算発表ラッシュも進捗率9割に達して
日経平均予想EPSは595.2円まで減少

4/13のコメントで・・・

 YYYY/M/D 予EPS 高値 - 安値
 2012/5/8 578.6 10433- 8238
 2013/5/8 746.0 16320-12415
 2014/5/8 1012.4 18030-13964
 2015/5/8 1134.6 20946-16901

 高値と安値はその年の5-12月末までの間の数値ですが、
 ここまでの安値16358円から考えると、
 4割減益で予EPS1000円はほぼ織り込み済みな感じです

・・・と書きましたが、現在の株価を見ると、
今後1年内に上方修正あって
予想EPS1000円超えをほぼ織り込んだ
感じです

新型コロナ騒動無ければEPS2000円超えの流れだったので、
(その半分である)1000円ぐらいなら可能かと思いますが、
緊急事態宣言解除後の再流行の波が大きくなれば
下方修正を折り込みにかかる
とイメージ

直近の戻り高値については、4/17のコメントで書いた・・・

 窓開けの起点3.6安値20613円まで戻せば戻り率+57.1%

・・・を今日の高値(20659円)で達成
その上は・・・

 20000-20800内で高値揉み合いあって上手く空売りを誘えれば
 踏み上げでもう一段上げて2019.10.4の安値21706円
辺り

・・・と書きましたが、上げるなら空売りの踏み上げを誘って
クラスターのレンジ21700-20600内で付ける
とイメージ

松井の信用顧客評価損益からの売り方・買い方の逆転は既に5/11に達成済みで、
その翌日から(20534円から19832円に)-702円安

今日また売り方・買い方の逆転が達成されたので、
目先やや反落しやすい状況に遷移

あと、先物ラージ期近の出来高は直近4日中、3日間8万枚超えで、
相場を大きく揺らす短期の大口投機家が再び動き出した感じも・・

2020/05/25
首都圏や北海道でも緊急事態宣言が解除もあって+353円高

2020/05/28
3桁高の4連騰で大幅+497円高

これで上げトレンドは44日目に突入
これまでの上げトレンド連続最長が2017.9.11-11.10迄の42日間だったので記録を更新

当時の前日安値から期間内高値までの上げ幅が+4108円(+21.4%)で
今回は3.23安値16480から高値21955までの上げ幅が+5457円(+33.2%)なので
前回の記録時より遥かに強い上げトレンドが続いている感じです・・@@;

強烈な下げの後の反転局面ではあるものの、
日数的にも何時反転しても問題ない状況で
失速すれば反転が近い気も




#サイト維持のモチベーションアップに繋がりますので人気blogランキングに投票(下記バナーをクリック)&ご購入なんかも時々お願い致します!/(^^)


posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 22:17 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

↓スポンサーサイトもご覧ください↓m(_ _)m

====== 最新ビジネス書籍一覧 ======