↓スポンサーサイトもご覧ください↓m(_ _)m

2017年05月31日

2017年05月31日(水)(需給増減による短期相場展望)


YYYY/MM/DD 225引値 前日比 出来高 需給増減 貸借倍率・トレンド&日数・レンジ臭・地合い
2017/05/01・・19310.52・・+113.78・1760.86・・-448・・0.86・上げトレンド08日目・中・有利
2017/05/02・・19445.70・・+135.18・1862.94・・-434・・0.81・上げトレンド09日目・中・過熱
2017/05/08・・19895.70・・+450.00・2408.08・・-397・・0.79・上げトレンド10日目・強・過熱
2017/05/09・・19843.00・・-52.70・1990.90・・-418・・0.76・上げトレンド11日目・強・過熱
2017/05/10・・19900.09・・+57.09・2169.89・・-276・・0.75・上げトレンド12日目・強・過熱
2017/05/11・・19943.95・・+61.46・2292.02・・-281・・0.75・上げトレンド13日目・強・過熱
2017/05/12・・19883.90・・-77.65・2248.62・・-334・・0.75・上げトレンド14日目・強・過熱
2017/05/15・・19869.85・・-14.05・2155.77・・-295・・0.75・上げトレンド15日目・強・有利
2017/05/16・・19919.82・・+49.97・2174.25・・-124・・0.79・上げトレンド16日目・強・有利
2017/05/17・・19814.88・・-104.94・1964.47・・-238・・0.80・上げトレンド17日目・強・有利
2017/05/18・・19553.86・・-261.02・2184.63・・-207・・0.82・下げトレンド転換・強・不利
2017/05/19・・19590.76・・+36.90・1908.68・・-320・・0.82・下げトレンド02日目・強・不利
2017/05/22・・19678.28・・+87.52・1467.41・・-345・・0.81・下げトレンド03日目・強・不利
2017/05/23・・19613.28・・-65.00・1543.76・・-232・・0.83・下げトレンド04日目・強・不利
2017/05/24・・19742.98・・+129.70・1728.23・・-434・・0.80・下げトレンド05日目・強・不利
2017/05/25・・19813.13・・+70.15・1677.27・・-395・・0.79・下げトレンド06日目・強・有利
2017/05/26・・19686.84・・-126.29・1563.61・・-299・・0.80・下げトレンド07日目・強・不利
2017/05/29・・19682.57・・・-4.27・1274.53・・-265・・0.81・下げトレンド08日目・強・不利
2017/05/30・・19677.85・・・-4.72・1326.03・・-327・・0.81・下げトレンド09日目・強・不利
2017/05/31・・19650.57・・-27.28・2018.98・・-205・・0.84・下げトレンド10日目・強・不利


「出来高」は100万株単位
「需給増減」は10万株単位です

「カラー文字部」説明

赤:天井圏警告サイン(高値圏で点灯が始まると急落注意)

橙:天井圏注意サイン

青:底値圏注意サイン
紺:底値圏警告サイン(底値圏で点灯が始まると急騰注意)

「レンジ臭」説明(2014年3月より追記)
いわゆる「BOX相場」「レンジ相場」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
強・・・レンジ相場に入っている可能性が高い
中・・・レンジ相場に入っている可能性がある
弱・・・レンジ相場に入っている可能性が出てきた


「地合い」説明(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある
不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)





〜コメント〜
2017/05/08
三連騰で大幅+450円高で-3970万株の改善
チャートでは大幅上昇引けで上げ加速示唆の形に
出来高も24億株まで増加で、明日以降この水準から更に増加していくようならポジティブ

ただ、東証の時価総額が595.6兆円まで増加で、所謂「バフェット指標」が意識される水準に

ここ数年間での主な時価総額ピークを見てみると、2015/8/10 の 616.3兆円 で、日経平均は20808.69円
翌日、人民元の突然の切り下げで、約一ヶ月後の 2015/9/8 には 17427.08円(-3381円、-16.2%安)まで大幅下落

その前には 2015/6/24 に時価総額608.8兆円で、日経平均は20868.03円
2日後に上海株2000銘柄がストップ安で、2015/7/8 には19737.64円(-1130円、-5.4%安)まで下落

・・・こんな感じで、ここ2年ぐらい時価総額が600兆円を超えると、程なく(2週間以内)ネガティブ・サプライズが飛び出して来て日本株も急落しています

そのネガティブ・サプライズの震源地が(たまたまなのか)両方中国となっているので、上海総合株価指数を見てみると、終値ベースで去年の10月以来の安値を更新・・

BOX相場であれば反発しそうなポイントですが、大幅反発なく下値を更新していくようであればマズそうな 上海総合株価指数@日足チャート(過去1年、2017.5.8時点)
20170508上海総合株価指数.gif

2017/05/17
-104円安の中-2380万株の改善で底値圏警告サインが一応点灯
チャートでは3桁下げでいよいよ上げトレンドの勢いが減衰
出来高も6日ぶりの20億株割れ

個別でも市場血流@銀行株&証券株が資金流出に転じた感じで、更にディフェンシブ・セクターへの資金流入が強まってきた感じでネガティブ

あと決算発表ラッシュが終わっての日経平均EPSは1395.4円に
PER面からの許容高値は(PER16倍で)22326円となり上値は結構ありそうなものの、16年夏前から価格が上がり続けていたDRAM価格が下げに転じてきたので、中国市場の減速連想で輸出企業にはネガティブ・サプライズの種に

話題株@6502東芝の半導体子会社売却価格だけでなく、輸出株全般への業績下方修正ネガティブ・サプライズの種になりそうな・・
DDR3(2Gビット品)のスポット価格推移図(日経朝刊 2017.5.16)
20170517nikkei.jpg

2017/05/18
-261円安の中-2070万株の改善で底値圏警告サインが一応点灯
チャートでは3桁続落引けで下げトレンドに転換の判断
ただ出来高は21億株台と動きを増幅する短期投機家(HFTあたり?)しか入っている感じはせず
あと、松井の信用顧客評価損益状況を見てみると・・
評価損益率
売り残 - 9.589%
買い残 - 6.905%
・・・と、買い方・売り方の評価損益率差が3%弱となっていて、売り買い均衡までの差を当てはめると19291円になるので、あと-260円程度の下げあれば一旦は反発し易い状況に

2017/05/19
+36円高で-3200万株の改善
チャートでは下げトレンド継続で、債券も株高逆行高0.035%引け
週明け以降0.030%以下引けあれば債券買い・株式売り示唆の形に
あと出来高は20億株割れで、更に減少していくようだと(またも)レンジ相場臭も強まっていく流れ・・

2017/05/31
コメントすべき事項は特になしで
データ&シグナルの更新のみです




#サイト維持のモチベーションアップに繋がりますので人気blogランキングに投票(下記バナーをクリック)&上のスポンサーバナークリック&ご購入なんかも時々お願い致します


posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 23:29 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。