↓スポンサーサイトもご覧ください↓m(_ _)m

2017年03月29日

20170329 サヤ取り@3098ココカラファイン&3050DCMホールディングス vs 9303住友倉庫 ペアを手仕舞い




 Long@3098ココカラファイン & 3050DCMホールディングス
 Short@9303住友倉庫

上記ペアを後場の寄り付き少し後に手仕舞いました


3098ココカラファイン&3050DCMホールディングス vs 9303住友倉庫 指数化チャート(仕掛け時 過去半年:赤線Long3098、緑線Long3050、青線Shot9303、2017.3.24引け時点)
20170327_3098_3050_9303_6m.gif






 3098ココカラファイン
 ¥4660 * 100株=−¥466,000 買い
 ¥4895 * 100株=+¥489,500 売り
 3050DCMホールディングス
 ¥1014 * 200株=−¥202,800 買い
 ¥1045 * 200株=+¥209,000 売り
      買い計 −¥668,800
      売り計 +¥698,500

 9303住友倉庫
 ¥ 641 *1000株=+¥641,000 売り
 ¥ 639 *1000株=−¥639,000 買い

 合計損益 +¥31,700−売買コスト




上記内容で手仕舞いました。

しばらく放置しておきたかったのですが、3098ココカラファインが噴いてしまったので、後場の寄り付き少し後に裁量での手仕舞いです。^^;


今回のトレードでは銘柄選択にファンダメンタル分析も使っているので、(今回はたまたま2日間で手仕舞いになりましたが)少し長めのトレードなら(数週間程度)、ファンダメンタル面からのサポートを受けられたと思っています。

評価詳細については書けませんが、少し前に 私とサヤ取り番外編・「会社四季報」のめくり方 で取り上げた「大化け期待株のマイポートフォリオ」で使った評価法をそのまま使っています。

私とサヤ取り番外編・「会社四季報」のめくり方
http://382692.seesaa.net/article/447626033.html

狙いは「今後1年内に過去3年間での新高値を取る可能性があるものを買い、低いものを売る」で、Excelに1銘柄につき30項目程度入力すると100点満点でのスコアがでます。


今回の裁定取引での3銘柄では・・・

スコア Code 銘柄名
 42  3050 DCMホールディ 買い
 28  3098 ココカラファイン 買い
 02  9303 住友倉庫     売り

こんな感じで、買い2銘柄の方が(ファンダメンタル分析からの)新高値更新期待値は高く、売り1銘柄は低いとなります。

ただNISA枠での個別株投資で書いた6銘柄の、現時点(2017.3.29引け直前)での投資検討時のスコア&評価損益結果を見てみると・・・

スコア Code 銘柄名    現時点評価損益
 99  3277 サンセイラ  +6.0%
 98  2405 フジコー   -1.3%
 95  6532 ベイカレン  +16.9%
 79  3675 クロマティ  +49.1%
 78  1381 アクシーズ  +14.7%
 71  2686 ジーフット  -4.8%

 ※スコアの降順

こんな感じで、(銘柄数が少ないので)スコアが高いほど、良い結果になるとは限らないので、あくまでも需給面でのサポート(好業績期待での買いが入りやすい)程度となりますが、新高値更新期待の低い銘柄を売る事により、股裂きリスクも結果的に下げられるのではないかなと思っています。
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 15:18 | Comment(0) | これまでの売買(日本株でのサヤ取り)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。