↓スポンサーサイトもご覧ください↓m(_ _)m

2016年12月30日

2016年12月30日(金)(需給増減による短期相場展望)


YYYY/MM/DD 225引値 前日比 出来高 需給増減 貸借倍率・トレンド判定&連続数・レンジ臭
2016/12/01・・18513.12・・+204.64・2821.41・・-621・・0.68・上げトレンド15日目・弱
2016/12/02・・18426.08・・-87.04・2833.40・・-105・・0.72・上げトレンド16日目・弱
2016/12/05・・18272.99・・-153.09・2068.00・・+29・・0.76・下げトレンド転換・弱
2016/12/06・・18360.54・・+87.55・2391.36・・-312・・0.71・下げトレンド02日目・弱
2016/12/07・・18496.69・・+136.15・2400.66・・-60・・0.74・上げトレンド転換・弱
2016/12/08・・18765.47・・+268.78・2818.60・・-208・・0.72・上げトレンド02日目・弱
2016/12/09・・18996.37・・+230.90・3131.96・・+200・・0.81・上げトレンド03日目・弱
2016/12/12・・19155.03・・+158.66・2955.50・・・+1・・0.81・上げトレンド04日目・弱
2016/12/13・・19250.52・・+95.49・2313.00・・-243・・0.78・上げトレンド05日目・弱
2016/12/14・・19253.61・・・+3.09・2045.11・・-50・・0.80・上げトレンド06日目・弱
2016/12/15・・19273.79・・+20.18・2324.63・・-239・・0.76・上げトレンド07日目・弱
2016/12/16・・19401.15・・+127.36・2310.08・・-332・・0.71・上げトレンド08日目・弱
2016/12/19・・19391.60・・・-9.55・1737.43・・+128・・0.78・上げトレンド09日目・弱
2016/12/20・・19494.53・・+102.93・1929.72・・-48・・0.78・上げトレンド10日目・弱
2016/12/21・・19444.49・・-50.04・2102.49・・+92・・0.83・上げトレンド11日目・--
2016/12/22・・19427.67・・-16.82・2068.00・・-259・・0.78・下げトレンド転換・--
2016/12/26・・19396.64・・-31.03・1441.86・・+235・・0.88・下げトレンド02日目・--
2016/12/27・・19403.06・・・+6.42・1749.65・・-294・・0.81・下げトレンド03日目・--
2016/12/28・・19401.72・・・-1.34・1311.43・・+69・・0.86・下げトレンド04日目・--
2016/12/29・・19145.14・・-256.58・2249.14・・+38・・0.88・下げトレンド05日目・--
2016/12/30・・19114.37・・-30.77・1667.86・・-168・・0.85・下げトレンド06日目・--


「出来高」は100万株単位
「需給増減」は10万株単位です

「カラー文字部」説明

赤:天井圏警告サイン(高値圏で点灯が始まると急落注意)

橙:天井圏注意サイン

青:底値圏注意サイン
紺:底値圏警告サイン(底値圏で点灯が始まると急騰注意)

「レンジ臭」説明(2014年3月より追記)
いわゆる「BOX相場」「レンジ相場」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
強・・・レンジ相場に入っている可能性が高い
中・・・レンジ相場に入っている可能性がある
弱・・・レンジ相場に入っている可能性が出てきた








〜コメント〜
2016/12/01
前日比+437円高まであっての+204円高で-6210万株の大幅改善
出来高も28億株台まで増加も、バイイング・クライマックス(天井での大出来高)な感じがしないでも・・^^;
対ドル円レートも114円台後半まで進行
これで円安水準は、11.15にコメントで書いた115円前後に到達で、ワントレンドでこれ以上の円安進行は厳しい感じが・・・

2016/12/02
-87円安でチャートでは上げトレンドの勢いが減衰
債券は逆行安で0.035%引け
明日以降、更に上昇していくようであれば、市場血流@銀行株には追い風に

2016/12/05
-153円安で290万株の悪化
チャートでは続落5MA以下引け実現で下げトレンドに転換の判断
個別では市場血流@銀行株への資金流入は継続している感じも、出来高は20億株まで激減
対ドル円レートは114円台を挟んで行ったり来たりで、115円台突入あればストップロスオーダーでの円安進行により株式市場の年初来高値更新ワンチャンも
ただ出来高が25億株を維持出来ないようであれば、早期反落で18000円を挟んでのレンジ相場(17400-18800)への移行をイメージ

2016/12/06
下げられずの+87円高で下げトレンドの勢いが減衰
あと債券が売られて0.045%引けで、債券売り・株式買い示唆の形に

2016/12/07
トランプ次期米大統領と孫正義社長が会談、総額500億ドルを米国に投資すると約束で9984の急騰での底上げもあって、日経平均は続伸+136円高で-600万株の改善
チャートでは続伸5MA以上引けで上げトレンドに再転換の判断
出来高は(大口投資家がまだ居るのか?あるいは去ってしまったのか?)微妙な水準@24億株台も、個別では市場血流@銀行株への資金流入は継続している感じです

ただ債券は日銀の指値オペあって株高逆行高@0.030%引けで、明日以降、再低下していくようなら銀行株にはネガティブ
個人的には米国との金利差との兼ね合いはあるものの、マイナス金利政策導入直前の0.2%近辺までの金利上昇は、銀行株にはポジティブと考えているので、日銀が(0.035%程度から0.200%近辺に)もう一段の金利上昇を許容出来れば、更なる上昇後、メガバンク8306で780円前後、8411で240円前後、8316で4800円前後でのレンジ相場への移行をイメージ

あと東証の時価総額が558兆円まで増加で、年初1月6日の水準まで復帰で、もう一段の上昇あれば、時価総額も年初来高値(570.8兆円)更新になりそうです

2016/12/09
メジャーSQもあって一ヶ月ぶりに出来高が30億株超えの中、4連騰+230円高
債券は株高に連動安@0.050%引けで、とりあえず債券売り・株式買い継続の形で、株式市場にもポジティブ

2016/12/12
ドル円相場が一時116円台まで円安進行もあって、5連騰+158円高
債券は株高に連動安@0.070%引けで、債券売り・株式買い加速示唆の形で、株式市場にもポジティブ

2016/12/13
6連騰+95円高
債券は株高に連動安@0.080%引けで、債券売り・株式買い加速示唆の形で、株式市場にもポジティブ

2016/12/14
”一応”7連騰+3円高も、出来高は激減20億株台
FOMCを控えての売買手控えか?(通過後は増加)
あるいは直近の急騰を作った外国人投資家が去ってしまったのか?(通過後も出来高は低迷)
FOMC以降の出来高推移に注目


2016/12/15
FOMCで1年ぶりの利上げ決定&来年の利上げ回数予想が2回から3回に引き上げでドル円118円台に円安急伸・・・もあったのに、小幅+20円高
これまでの経験則的には+2円の円安急伸あれば、日経平均で+300から+500円高ぐらいの上昇有って然りな所が+183円高まであったものの、引けは実質横ばいな+20円高

現時点では、個人的には「円安は一時的なもので、ドル円相場は115円前後で落ち着くので、株式市場にも織り込めない(円安分は織り込み済み)」か、「コレ以上の円安は”悪い円安”で、株式市場は織り込んでいる(ドル円+2円安で+20円高は適正で、今後、円安が進めば下げる事も有りうる)」ではないかなと・・
前者であれば、対ドル為替レートは今後円高に反転後レンジ相場に移行で、日本株市場も高値圏での揉み合い(レンジ相場)に
後者であれば、対ドル為替レートは更に円安進行でドル円120円台超えで日経平均は下げ足を加速(円安・株安・債券安?)・・とイメージ

チャートでは上げトレンド継続も、個別では市場血流@銀行株への資金流入がかなり緩まった感じで、メガバンク3行が8306で736円以下、8411で216円以下、8316で4572円以下で、直近安値を割り込んで引けるような事があれば全体市場にもネガティブ

あと、騰落レシオが165.56(^^;)まで上昇
ちなみに手元データでは直近10年間での最大値164.52を記録したのはアベノミクス初動大相場時の 2012/12/19 で、その後も約1ヶ月半、騰落レシオは135以上を維持し、その後も騰落レシオ100以上を維持して2013/05/23のスッ天井を付け急落しているので、トランプノミクス(?)が大相場になるのであれば、1月末ぐらいまで騰落レシオ135以上を維持するぐらいでないと厳しそうな・・

2016/12/16
9連騰+127円高も、出来高は昨日に続き23億株台と微妙な水準・・
債券も日銀が金利上昇押さえつけあってか、株高に連動できずの変わらず@0.075%引けで、来週以降も(0.2%程度までの上昇を許容せず0.1%で止める)金利上昇しないようであればネガティブ

あと”外国証券の寄り付き前の注文動向7日合計”は12/12に売り越し転換後、16日には-1540万株の売り越しと、2ヶ月ぶりの売り越し水準となっています

2016/12/19
微幅-9円安
出来高は激減17億株台でどうも外国人投資家は去ってしまった(レンジ相場に移行)ような・・・

2016/12/21
前日比+97円高で年初来高値更新も、-50円安で上げトレンドの勢いが大きく減衰

2016/12/22
続落-16円安で-2590万株の改善
チャートでは勢いがオチた所での5MA以下引け実現で下げトレンドに転換の判断

出来高も18億株台で時期的な事を差し引いても低迷と言っていい内容

個別では市場血流@銀行株への資金流入が緩まった感じが続いていて、銀行株同様に日銀による金利(&株式)上昇妨害工作(^^;)により痛手を受ける、保険株は一足お先に資金流出に転じた感じなので、週明け(12/15にコメントで書いた)メガバンク3行が(既にリーチがかかっている ^^;)直近安値を割り込んで引けるようであればネガティブ

良い金利上昇が続いていた(っぽい)債券は、日銀の妨害あってか10日連続で0.065%+-0.015%内で推移で、株式市場への追い風を止められた感じが・・

個人的には、株式市場が上昇している間は、緩やかな金利上昇を(ゼロ金利で無いと言われようが)”あえて許容”するぐらいの柔軟性があれば
・・とも思うのですが、公言していた二年で物価上昇を実現できず・・更にマイナス金利政策での副作用を読み切れていなかった事で(やや自信を喪失している?)黒田日銀総裁にはそこまでの胆力は無かった模様・・^^;

2016/12/26
3日続落-31円安
出来高も14億株まで減少

2016/12/28
実質動かずな微幅-1円安
個別では市場血流@銀行株のメガバンク3行が全てデットライン割れ実現で全体市場にもネガティブ

2016/12/29
大幅-256円安
出来高は22億株も、材料株@6502東芝分を引けば実質16億株台な内容で閑散継続・・
出来高の閑散化に続き、騰落レシオも119.60と120割れで、活況臭はせず・・
債券も買われて0.040%引けで、債券買い・株式売り示唆の形に

2016/12/30
大納会は小幅-30円安で-1680万株の改善で底値圏注意サインが点灯

チャートでは下げトレンド継続で、個別でも市場血流@銀行株が資金流出に転じた感じでネガティブ

更に、ディフェンシブ@医薬・陸運への資金流入がきた感じで、市場全体の暗転を暗示

更に更に、同ディフェンシブセクターの食料品・小売・サービスにも資金流入が始まった感じで、一部大口投資家は市場急落に備えてポジション調整している感じが・・・

債券は横ばい@0.040%引けも、年明け更に買われてマイナス金利に転落するようであれば、銀行株急落からの全体市場総崩れ波及も

大口投資家が(そこそこ)戻ってくるであろう年明けもこの流れ(銀行株資金流出、ディフェンシブセクター資金流入、債券買い@金利低下、あと円高)が続くようなら2016年初の再現もあるかも?・・ですね・・(^_^;


#超不定期更新モード(^^;;;;)ながらも、時々覗きに来てくれた皆々様方、2016年も1年間ありがとうございました。m(__)m

 あと年初に頂いた日経平均2016年の高値安値予想の結果発表ですが、年明け三が日中に記事投稿いたしますので、しばしお待ちくださいませ。m(__)m

 それでは皆々様方、良いお年を〜 (^^)/




#サイト維持のモチベーションアップに繋がりますので人気blogランキングに投票(下記バナーをクリック)&上のスポンサーバナークリック&ご購入なんかも時々お願い致します


posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 22:38 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。