↓スポンサーサイトもご覧ください↓m(_ _)m

2020年07月06日

2020年07月06日(月)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20200706nk.bmp

「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 23:10 | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2020年06月30日

2020年06月30日(火)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20200630nk.gif


「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 22:47 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2020年05月30日

2020年05月29日(金)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20200529nk.gif


「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 22:17 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2020年04月30日

2020年04月30日(木)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20200430nk.gif

「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 20:52 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2020年04月22日

私が最近読んだ本(2015年4月以降分:20200422更新)



私が最近読んだ本(2009年7月以降分:最終更新20200422)http://382692.seesaa.net/article/6831223.html の記事が長くなってきたので、私が最近読んだ本(2015年4月以降分)に関しては、こちらに追記していきます

続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 20:30 | Comment(0) | 当サイトについて&お知らせ&私が最近読んだ本

2020年04月13日

20200413 企業破綻懸念に関するとても気になる記事


企業破綻懸念に関するとても気になる記事があったので、ちょろっと取り上げてみます。


 大企業にも資金難懸念 3割減収・半年間なら24%で枯渇
 2020/04/12 日経


20200412nk.jpg



続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 22:56 | Comment(0) | 相場雑感・相場に関する気になる記事

2020年04月07日

20200407 サヤ取り@2702マクドナルド&6134FUJI vs 8595ジャフコ ペアを手仕舞い




 Long@2702マクドナルド&6134FUJI
 Short@8595ジャフコ

上記ペアを後場の引けで手仕舞いました


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 15:04 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2020年04月02日

20200402 サヤ取り@2702マクドナルド&6134FUJI vs 8595ジャフコ ペアを仕掛け




 Long@2702マクドナルド&6134FUJI
 Short@8595ジャフコ

上記ペアを前場寄付きで仕掛けました

続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 15:11 | Comment(0) | これまでの売買(日本株でのサヤ取り)

2020年03月31日

2020年03月31日(火)(貸株@需給増減による短期相場展望)


20200331nk.gif

「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 21:02 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2020年02月29日

2020年02月28日(金)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20200228nk.gif


「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 21:17 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2020年02月12日

20200212 サヤ取り@7181かんぽ vs 8601大和証券 ペアを手仕舞い




 Long@7181かんぽ
 Short@8601大和証券

上記ペアを後場の引けで手仕舞いました


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 15:04 | Comment(0) | これまでの売買(日本株でのサヤ取り)

2020年02月07日

20200207 サヤ取り@7181かんぽ vs 8601大和証券 ペアを仕掛け





 Long@7181かんぽ
 Short@8601大和証券

上記ペアを前場寄付きで仕掛けました


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 15:06 | Comment(0) | これまでの売買(日本株でのサヤ取り)

2020年02月01日

私とサヤ取り番外編・今後の東証市場変化に関して気になる記事


直接サヤ取り売買には関係ないものの
東証市場の変化に関して気になる記事を取り上げてみます。



 東証、株価の刻み幅、500銘柄でより細かく
 2020/01/29 日経




続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 14:05 | Comment(0) | 私とサヤ取り

2020年01月31日

2020年01月31日(金)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20200131nk.gif

「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 22:58 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2019年12月31日

2019年12月30日(月)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20191230nk.gif

「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 16:25 | Comment(2) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2019年12月17日

20191217 サヤ取り@6448ブラザー vs 6301コマツ ペアを手仕舞い



 Long@6448ブラザー
 Short@6301コマツ

上記ペアを後場の引けで手仕舞いました


6448ブラザー vs 6301コマツ 指数化チャート(過去1年:赤線 Long6448、青線 Short6301、2019.12.13 仕掛け時)
20191213_6448_6301_1y.gif


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 15:11 | Comment(0) | これまでの売買(日本株でのサヤ取り)

2019年12月13日

20191213 サヤ取り@6448ブラザー vs 6301コマツ ペアを仕掛け




 Long@6448ブラザー
 Short@6301コマツ

上記ペアを前場寄付きで仕掛けました



続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 15:10 | Comment(0) | これまでの売買(日本株でのサヤ取り)

2019年11月30日

2019年11月29日(金)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20191130nk.gif


「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)


続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 23:14 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2019年10月31日

2019年10月31日(木)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20191031_nk.gif

「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)



続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 23:53 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

2019年09月30日

2019年09月30日(月)(貸株@需給増減による短期相場展望)

20190930_nk.gif

「出来高」は100万株単位(例、1234.56:12億3456万株)
「貸株増減」は10万株単位(例、12:120万株の買い返済、-34:340万株の新規売り)
旧「需給増減」数は2017年末までは(「融資」−「貸株」)で、2018年以降は「貸株増減」(「貸株」のみ)です

「トレンド日数」
上転換:上げトレンド転換日
赤日目:上げトレンド経過日数

下転換:下げトレンド転換日
青日目:下げトレンド経過日数


「相場地合」(2017年1月より追記)
http://382692.seesaa.net/article/446518161.html
いわゆる「相場の地合い」で「買い地合い」な雰囲気(^^;)がする場合に表示されます
過熱・・・過熱圏に到達した可能性がある
    (レンジ相場なら天井圏で売り場、強い上げトレンド発生時は買い維持でも可)
買有利・・買いポジションが有利な相場に入っている可能性がある

買不利・・買いポジションが不利な相場に入っている可能性がある
閑散・・・閑散相場に入っている可能性がある
    (レンジ相場なら底値圏で買い場、強い下げトレンド発生時は売り維持でも可)


「需給増減」 注意:2018年以降は貸株のみで判定
天井圏:売り方の踏み上げ(高値圏で点灯が始まると急落注意)
底値圏:売り方の安値売り(底値圏で点灯が始まると急騰注意)

続きを読む
posted by さやぷろくん(Ver3.00:2013年2月16日現在) at 23:16 | Comment(0) | 日証金残需給増減推移(日経平均株価のトレンド判定による短期相場展望)

↓スポンサーサイトもご覧ください↓m(_ _)m

====== 最新ビジネス書籍一覧 ======